抜歯と同時にインプラント

抜歯後の3つの方法

もしも、不幸にしてあなたの歯が抜歯になってしまう場合、3つのやり方があります。

ブリッジにする

固定式のブリッジができる場合は、抜歯した歯の両隣の歯が残っていて、歯の欠損歯数が少ない場合に限られます。
取り外しをする必要がないため、異物感も少なく、比較的快適です。
しかし、残念なことに、両隣の歯を大きく削る必要があります。

ブリッジのイメージ画像

入れ歯にする

取り外しの入れ歯は、歯が一本でもなくなった場合から可能であり、なくなった歯の本数が多かったり、ブリッジにできない場合によく使われます。
違和感があって、とても不便で苦労します。

入れ歯のイメージ画像

インプラントにする

抜歯になったら、インプラント(人工歯根)を埋め込み、もとの自分の歯のように、そこにかぶせ物を固定することができます。
一般的には、抜歯後、歯ぐきのなおりを待ってからインプラントを埋め込む方法が行われています。

インプラントのイメージ画像

●秋田県インプラントセンターでは、状況により抜歯と同時にインプラントを埋め込む「技」もあります。
抜いた部分を早期にもとの歯のように直すことができる最先端の画期的な治療方法です。
(お口の中の状態により適用の可否を検討) 下記でご紹介いたします。

 

即時インプラントで快適に!

即時インプラントの流れ

即時インプラント

従来は、歯を失った場所があれば、そこにインプラントを埋めるようにするのですが、即時インプラントとは、何らかの理由で、どこかの歯が抜歯になってしまったときに、抜歯と同時にインプラントを埋めるやり方です。
(注:歯肉や骨の感染状態によっては、即時インプラントができない場合もあります。)
例えば、歯槽膿漏で歯がぐらぐらになった、虫歯が高度に進行してもう残根となった、歯にかかる咬合負担が強大で歯根が破折してしまった、根の先に大きな膿ができたといった場合が考えられます。そうした場合、今までは、いったん歯を抜いて、その部位の完全な治癒を待ってから、インプラントを埋入することになっていました。
つまり、はじめにまず抜歯、その後、数ヶ月後にインプラントを埋め込むことになります。
それに対し、即時インプラントでは、1回の治療で抜歯と同時にインプラントを埋め込む(*)ことができるのです。 そうすることで、来院回数も治療期間も少なくできるのです。

治療期間の短縮

インプラント治療では、治療期間が長くかかることがひとつの問題点でした。
しかし、HAインプラントを使用して即時インプラントを行うことで、ある一定の条件さえ整っていれば、インプラントを埋入した手術のその日に、すぐに仮の歯を入れて(*)、軽い食事ならできるようになるのです。
すなわち、1日で、残っていたダメな歯を抜いて、インプラントを入れて、見た目も良く直すことができるのです。
さらに、HAインプラントの場合、骨結合までの期間が、順調な経過であれば、8週間で可能となり、治療期間の著しい短縮が達成されることになります。

(*)どなたでも、どんなケースでもできるとは限りません。術前の診断によりできるかどうか決定します。

腫れが少ない

外科処置を行うと腫れや痛みがでることが少なくありません。
私たちは、できるだけ腫れにくいように、独自の工夫で、手術を小さな範囲にとどめて行うようにし、患者さんの負担を少なくするように心がけています。その中でも、この即時インプラントは、究極と言えるでしょう。
なぜならば、抜歯をすることで、インプラントを埋め込む部分の粘膜の切開や剥離がいらないからです。
実際に行ってみると、あまり痛みも腫れもなく、良好な治癒となっています。

HAインプラント

残念ながら、この即時インプラントは、どのインプラントでも、上手くいくわけではありません。
チタン製のインプラントの表面にハイドロキシアパタイト(HA)をコーティングしたHAインプラントの使用実績が最良となっています。(ZIMMERカルシテックインプラント(R))というのも、HAは、骨や歯と同じ成分。生体とのなじみが良く、このHAインプラントが骨と化学的結合(バイオインテグレーション)により一体化するという特徴があるのです。また、日本人のケースに適したインプラントの直径と長さがそろっていることも重要なポイントです。

※歯肉の状態(腫れ・膿)や歯のまわりの骨の吸収や細菌感染の状態によっては、即時インプラントができない場合がありますので、ご了承ください。

●現在では、今まで顎の骨が薄くて、ほとんどインプラントが不可能とされたケースでもできるようになってきました。
●骨の薄い方でインプラントが無理といわれた方も積極的にご相談に応じております。