インプラントQ&A

インプラント治療Q&A

インプラントに関する疑問・不安にお答えします。

インプラントって何ですか?
インプラントとは、顎(あご)の骨の中に人工の歯根を埋め込み、上部にかぶせ物や入れ歯(補綴物)を取り付ける治療方法です。現在、安全でかつ、長期的な観点から見て良好に機能するタイプのインプラントは、骨結合が得られる歯根型のインプラントです。材質は、人の身体にアレルギーなどの生じない金属であるチタンが主流となっています。当クリニックでは、チタンの表面にハイドロキシアパタイトのコーティングされたタイプのインプラントを使用しております。
[インプラントと天然歯の断面の画像]
希望すれば、誰でもインプラント治療が受けられるのでしょうか?
インプラント治療ができるかどうかは、二つの面から検討を必要とします。
ひとつは、全身的な健康状態です。特に身体に問題がなく、歯科医院で通常の抜歯程度の処置が可能である方は、年齢に関わらずインプラント治療を行うことができます。
もうひとつは、インプラントを埋め込む場所の問題です。歯の欠損している部分に十分な骨のボリュームがない場合、インプラントができないことがあります。近年、骨再生術など歯科学の進歩でそうした状況でもインプラントの埋入ができるようになりつつあります。
患者の立場でインプラント治療を選択する際に検討すべきことは、何ですか?
「インプラントをすることで何でもかめるようになる」、「入れ歯に代わる第三の歯である」というメリットが強調される反面、「インプラントを入れたが、具合が悪い」「思っていたものと違ううえに、高額の料金がかかった」などという苦情も聞かれます。
インプラント治療に興味のある方は、インプラントにより得られる効果と負担について、十分に理解しておきましょう。

インプラントによるメリットとデメリット

効果的なこと

●入れ歯の異物感がなくなる。

●とてもよく噛めるようになる。

●歯の欠損状態によっては、話すことが、著しく改善される。

●精神的に楽になり、物事に積極的になる。

治療に伴う負担

●長期の治療期間が必要。

●手術後の一定期間は、外観の問題が生じる。

●手術に伴う諸種の合併症の可能性があります。(神経麻痺、術後の感染、上顎洞へのインプラントの迷入など)

●高額な料金がかかる。

難しいこと

●外観の美的回復=まるっきり以前の自分の歯のように美しく治せるとは限らない。

●数本のインプラントの間に隙間ができることで、発音や見た目が問題になることがある。

インプラント治療を受けて完全に終了するまでには
どのくらいの期間がかかるでしょうか?
インプラントを希望したから、すぐに手術に入るというわけにはいきません。まず、治療前に、インプラント治療に関する十分な説明を聞いていただき、納得してもらうことが大切です。
次に、口の中全体の状況を改善する処置を行います。インプラントは、単に歯のないところに人工の歯を入れればいいという代物ではありません。口の機能の回復と長期的に良好な状態を保つために、口の中全体を総合的に治療する必要があるのです。
そうした治療と並行して、インプラント手術を行います。インプラント埋入後は歯ぐきを完全に閉鎖し、上顎で6カ月、下顎で3カ月、インプラントが骨と結合する安静期間をとります。
その後、2回目の手術で歯ぐきの上にインプラントから上部の土台を立てます。そして、歯ぐきの治癒を待って、型どりをし、補綴物を製作します。
いくら早くても下顎で6カ月、上顎で9カ月はかかることになります。通常は、最終的に安定した状態を作るまで1年から1年半の期間をみてもらうようにしています。なお、手術は、よほど特殊な手術を併用する場合をのぞき、入院の必要はありません。
抜歯になってしまう歯のインプラント治療は、いかがでしょうか?
歯周病や歯根の破折などで抜歯せざるをえない状態になってしまったら、そこにインプラントを埋入することで、抜歯した直後に、歯をつくる最先端治療もあります。抜歯となった時の歯の周囲の状態により、こうした抜歯直後の補綴(冠を入れること)ができる場合があるので、ご相談ください。
インプラントは一生もつのでしょうか?
残念ながら、YESとは言い切れませんが、高い確率でそうなることが期待できる、とは言えます。
その際、埋め込んだインプラントとその上部の補綴物と分けて考えてください。
上部の補綴物は、通常、数年に一度は、何らかの調整や修理が必要となるでしょう。
埋入したインプラントについては、その周囲の骨の状態が問題となります。治療終了後、周囲の骨が溶けていく歯槽膿漏のような状態が生じることがあります。これを予防するためには徹底したホームケアによるブラッシングと3~6カ月ごとの定期的なメインテナンスを受けることが必要です。
インプラント治療はどの歯科医院でも受けられるのでしょうか?
残念ながら、すべての歯科医院でインプラント治療を行っているわけではありません。
その理由は、大学でインプラント治療についての教育がほとんど行われていないことにあります。
また、インプラント治療は、他の治療に比べ、トラブルの起こりやすい治療であることも指摘されています。つまり、「インプラント治療を行っている」ということと、「適正なインプラント治療を行える」こととは別であることを認識してください。インプラントを埋め込むだけならば、歯科医であれば、難しいことではないのです。したがって、患者さんがインプラント治療を受けようとする際には、その歯科医がインプラントに関わる専門教育を受けているか、インプラントの学会や勉強会に所属して継続的に研鑽を積んでいるかどうかをチェックした方がいいでしょう。また、設備の面では、手術器材が整っていることや手術環境が良好であること(手術室や個室など)も重要です。
インプラント治療には、どのくらい料金がかかるのでしょうか?
インプラント治療には、健康保険が適用されないため、料金は患者さんの自己負担となります。
インプラントの料金は、診査・検査・診断の料金と埋入するインプラントに関わる手術と材料費、それに上部構造(土台と補綴物)の三つつの合計からなります。インプラントについて書かれた本やインターネット上から料金を調べてみると一本あたり25~70万円と驚くほどの幅があります。
ある大学病院での実施例でも、一本あたり30万円以上はかかるようです。
しかし、すべてのケースで、歯のない本数分のインプラントが必要なわけではなく、例えば、6歯分の欠損部に4本で補綴することもありえます。

料金について、詳しくはこちらからどうぞ。