症例紹介7

 

これが良く治るインプラント治療です。
当クリニックでインプラント治療を受けた患者さんの症例をご紹介いたします。

Sさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
以前、前歯4本を冠せ物で治療しており、そのうちの1本である右上1番がここ数年で動揺し歯肉も腫れて、冠せ物も外れたとのことで当クリニックを受診されました[A]。
また左下の奥歯の歯がないところも入れ歯を作ったものの慣れずに使っていませんでした。診断の結果右上1番は破折しており、インプラント抜歯即時埋入となりました。前歯の冠せ物もキレイに作り直しました。また、左上2番の根の先にも病巣があったためマイクロスコープ下で歯根端切除術も行いました。[B]
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
外科的処置がうまくいき、炎症による歯肉の腫れも落ち着き、見た目も患者さんに満足していただきました。今後、歯のなくなってしまった奥歯に対して、追加でインプラント手術を希望されているため行っていく予定です。
着実にしっかりした咬み合せへと治療が進んでいます。

Tさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
上顎に入れ歯を使用しており、上の前歯がグラグラするとの事で治療を希望され当院を受診されました[A]。重度の歯周病で歯の動揺が大きかったため抜歯となり、歯のなくなった部位に対してインプラント治療を希望されたため、上顎に計8本のインプラントを2回に分けて埋入しました[B]。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
上顎のインプラントを埋入した上部には連結した冠せ物で補い、審美性も格段にアップしました。また、下顎の左右のブリッジも根の治療を行ってから新たに作り直し、しっかりした咬みあわせを得ることができました。患者さんからは「左右両方とも非常によく咬めて、50年ぶりの同窓会もとても楽しめた」とおっしゃっていただきました。

Uさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
歯科に受診するのは15年ぶりで、右下の奥歯がしみるのと、上顎の前歯の冠せ物と歯茎の境目の部分が黒くなっているのが気になり、新しくキレイに治したいとの事で当院を受診されました[A]。右下奥歯は根の治療をしっかり行い、ハイブリッドクラウンで治しました。また上顎の前歯は土台から新たに作り直し、セラミックの冠せ物で治すことになりました。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
前歯の冠せ物は艶のある光沢が得られ、歯茎も適合のよい冠せ物にともないキレイに引き締まっているのがわかります[B]。患者さんからは「自分の結婚式で家族と笑顔で写真が撮れて嬉しかったです」とおっしゃっていただきました。