症例紹介4

 

これが良く治るインプラント治療です。
当クリニックでインプラント治療を受けた患者さんの症例をご紹介いたします。

Jさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
むし歯で歯を失った部位に、入れ歯を使用していたが舌に当たって気になり使えなかったとの事で当クリニックにインプラント治療を希望し受診されました。
他に冠せ物も銀色であるため見た目が気になって口を大きく開けたくないと悩んでいました。右上左上の歯のない部位にそれぞれ2本ずつ左下に1本と計5本インプラントを埋入しました[A]。また上の前歯も磨り減っていた部分も冠せ物で治しました[B]。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
患者さんが関東に転勤されることになり、最後の方は治療期間をかなり詰めて行いました。患者さんにも頑張って通院していただいたおかげでキレイにしっかり咬めるお口へと仕上がりました。
これからも何とか都合をつけてメインテナンスに来たいとおっしゃっていただきました。

Kさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
硬い米粒を前歯で咬んでしまってから急に歯が動くようになり、やがてその歯の周りの歯茎から膿も出てきたとの事で当クリニックを受診されました。
左上2番の根の状態は不良であったため、インプラントの抜歯即時埋入を行いました[A]。
その他の歯も根の先に病変があるため、根っこの治療をやり直しました。また、以前に装着された冠せ物では咬み合せのバランスが悪かったため冠せ物もほぼ全て作り直しました[B]。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
全顎的に渡る長期治療でした。
患者さんも定期的に通院していただき、しっかりとした治療ができました。
その後はとても快適に過ごせているとおっしゃっていただけました。
歯ぎしりなどから守るナイトガードを、治した冠せ物にしっかり使っていただけているので、これからも長く快適な食生活を送っていただけたらと願っています。

Lさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
10年以上前マグネット付部分入れ歯を当クリニックで作製しました。その後、メインテナンスに来られず、次第に土台となっていた歯がむし歯になってしまい、それが原因で歯肉が腫れたため当クリニックを受診となりました。
残すのが困難な状態になっていた歯は抜歯し、上顎に7本[A]、下顎に5本[B]の計12本インプラントを埋入しました。本数が多かったので4回に分けて手術を行いました。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
その他の歯も白くしたいとの希望があり、下顎の歯をハイブリッドクラウンの冠せ物で治しました。患者さんからは咬み合せが良くなったためか、持病であった肩こりが解消されてとても嬉しいと喜んでいただきました。
今後は自分の歯のようにしっかり咬めることでしょう。