症例紹介3

 

これが良く治るインプラント治療です。
当クリニックでインプラント治療を受けた患者さんの症例をご紹介いたします。

Gさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
上顎前歯のブリッジが取れたのを機に当院を受診されました。[A]
土台となっている歯は根がむし歯になっており、ブリッジが適合しておらず、また破折もみられたため保存は困難でした。[B]
抜歯の必要性を説明したところ同意し、歯のない部位に患者さんがインプラント治療を希望されたため、治療計画を立て手術となりました。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
3本の抜歯と同日に同じ部位にインプラントを3本埋め込む抜歯即時埋入法を行いました。前歯の治療なので審美性を損なわないために仮歯を装着し、術後約3ヶ月後にインプラントと骨がくっついてから冠せ物をつくる準備を開始しました。
以前のブリッジだと上下前歯のかみ合わせも、うけ口のようになっていましたが、冠せ物で修正しました。患者さんにも「咬み合わせ、見た目も良くなり、しっかり咬める」と大変満足していただいています。[C]
前歯の治療の約3年後、右下の奥から2番目の歯の動揺が著明となったため抜歯となり、インプラントを1本追加で埋入されています。

Hさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
今まで通院していた歯科医院で左下に歯がない部分をブリッジで治療するには前後の歯が弱いため困難だと言われていました。[A] 何かいい方法はないかということで治療相談のため当院を受診されました。
まず、根っこの治療が不十分な歯には再治療をしっかり行い、前後の歯にも負担のないインプラント治療を行うことになりました。左下に2本インプラントを埋入しました。[B]
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
反対側のブリッジもつくり直し、強度と審美性をアップしました。[C]
患者さんからは「インプラントをやったおかげで何も問題なく咬めるようになった」と大変喜んでいただきました。

Iさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
5年程前に歯を抜いてから、ずっと咬みづらく、入れ歯を作ったものの慣れることができませんでした。さらに上の前歯の隙間も空いて気になるようになってきたとのことで当クリニックを受診となりました[A]。
右上、左下の奥歯がないことが咬みづらさの原因と考えられ、まず左下にインプラントを1本埋入しました[B]。
左上前歯の隙間に対しては冠せ物で悩みを解消することにしました。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
左下奥歯に咬める部位ができたため、咬み合わせが格段に安定しました。
前歯2本も根っこの治療を施し、冠せ物はハイブリッドクラウンで治療することで、歯の隙間も解消され、審美性もアップしています[C]。
今後も定期健診でしっかり経過観察していく予定です。