症例紹介1

 

これが良く治るインプラント治療です。
当クリニックでインプラント治療を受けた患者さんの症例をご紹介いたします。

Aさんの場合

→
治療前 パノラマX線写真治療後 パノラマX線写真
奥歯がなくて、良く噛めないケース。
放置すると噛み合わせが崩壊し、さらに、歯が失われてしまいます。
このように、インプラントで奥歯をしっかり噛めるようにし、残っている歯も、根っこの治療と歯周治療を完璧に行い、4年経っても、残っている歯が1本も失われることはありませんでした。これなら将来も大丈夫。

Bさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態治療前のパノラマX線写真
歯がグラグラと大きく揺れて、満足に噛むことができません。
見た目も悪く、苦しまれていました。
当クリニックでも、どうしていいものか悩んでしまったほど重症の歯周病でした。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態治療後のパノラマX線写真
初診の時とは、別人のように明るい笑顔で、体調も回復し、美しくなりました。 上あごはすべてインプラントにし、頑丈に上部の補綴をつくりました。
下あごは、歯周治療と根っこの治療を完璧に行い部分的にインプラントで補綴。

Cさんの場合

治療前

治療前のお口の中の状態 治療前のパノラマX線写真
右下は以前ブリッジが入っていましたが、土台となる歯が炎症を起こしていたため抜歯しました。歯がなくなった部位に対し、当院でのインプラント治療を希望されたため受診となりました。
[A]治療計画を経て、右下の2本歯がない部分に2本インプラントを埋入しました。[B]一部骨が足りなかった部位に骨を補う材料も追加しました。
↓

治療後

治療後のお口の中の状態 治療後のパノラマX線写真
冠せ物は奥歯で咬む力が最大限かかることから強度・耐久性にも優れたプラチナゴールドで作製し、外側は金属色が出ないように、歯の色に似た材料でコーティングしました[C]。患者さんからは「咬み合わせ、高さも左右とも安定している」との事でした。
年齢的にも若い患者さんでしたのでこれからの人生長く使っていただくために、定期的なメインテナンスは欠かせません。