顕微鏡歯内療法研究会 フェイスブック

根の外科治療

■なぜ、歯内外科が必要になるのですか?

●さまざまな状況で外科処置により歯を救うことがができます。


●外科処置は、診断が重要です。もし、あなたがX線写真に出てこない問題で、しつこい症状におそわれているとしたら、あなたの歯には、ヒビが入っているかも知れません。また、通常の根管治療では、発見できない根管があるのかも知れません。そうしたケースでは、外科処置により、専門医が根っこ全体の精密検査をし、問題を見つけ治療します。


●時折、石灰化により根管があまりに細くなってしまい、根管治療では根っこの先まで治療器具が到達しないことがあります。そんなときは、専門医が外科処置でその先の根管をきれいに清掃し閉鎖します。


●通常は、根管治療により、それ以上他の歯内療法が必要となることはありません。しかし、わずかなケースですが、治癒しなかったり再感染してしまう歯があります。まれに、根管治療が成功しても数ヶ月から数年経って痛みが出たり病変が生じたりする歯もあります。そんなときは、外科処置であなたの歯を救えるかも知れません。


●外科処置は、患歯の根っこの表面や周囲の骨の治療もします。多くの外科処置方法が行われていますが、もっとも普及しているのは歯根端切除手術(根切)です。根管治療を行った後にも関わらず、歯の先端の周囲骨に炎症や感染が長引いているとき、専門医は根切を行います。
SURGERY1.jpg

■根切とはなんですか?

この治療方法は、専門医が患歯の周囲の歯肉を剥離し、骨の状態を確認し、感染し炎症が生じた組織を完全に取り除きます。そして、根っこの先端も切り取ります。

SURGERY2.jpg

根っこの先に、小さな充填物を填塞し、組織が良く治るように歯肉を戻して縫合します。

SURGERY3.jpg

数ヶ月後、根っこの周りのところはきれいに治癒します。

SURGERY4.jpg

◎予後のよい高品質の根管治療は、自費診療(保険給付外)になります。



© 2010 American Association of Endodontists, All Rights Reserved.





© Minatomachi Dental Clinic All Rights Reserved.