顕微鏡歯内療法研究会 フェイスブック

根の外科治療

■なぜ、歯内外科が必要になるのですか?

●さまざまな状況で外科処置により歯を救うことがができます。


●外科処置は、診断が重要です。もし、あなたがX線写真に出てこない問題で、しつこい症状におそわれているとしたら、あなたの歯には、ヒビが入っているかも知れません。また、通常の根管治療では、発見できない根管があるのかも知れません。そうしたケースでは、外科処置により、専門医が根っこ全体の精密検査をし、問題を見つけ治療します。


●時折、石灰化により根管があまりに細くなってしまい、根管治療では根っこの先まで治療器具が到達しないことがあります。そんなときは、専門医が外科処置でその先の根管をきれいに清掃し閉鎖します。


●通常は、根管治療により、それ以上他の歯内療法が必要となることはありません。しかし、わずかなケースですが、治癒しなかったり再感染してしまう歯があります。まれに、根管治療が成功しても数ヶ月から数年経って痛みが出たり病変が生じたりする歯もあります。そんなときは、外科処置であなたの歯を救えるかも知れません。


●外科処置は、患歯の根っこの表面や周囲の骨の治療もします。多くの外科処置方法が行われていますが、もっとも普及しているのは歯根端切除手術(根切)です。根管治療を行った後にも関わらず、歯の先端の周囲骨に炎症や感染が長引いているとき、専門医は根切を行います。
SURGERY1.jpg

■根切とはなんですか?

この治療方法は、専門医が患歯の周囲の歯肉を剥離し、骨の状態を確認し、感染し炎症が生じた組織を完全に取り除きます。そして、根っこの先端も切り取ります。

SURGERY2.jpg

根っこの先に、小さな充填物を填塞し、組織が良く治るように歯肉を戻して縫合します。

SURGERY3.jpg

数ヶ月後、根っこの周りのところはきれいに治癒します。

SURGERY4.jpg

◎予後のよい高品質の根管治療は、自費診療(保険給付外)になります。



© 2010 American Association of Endodontists, All Rights Reserved.



geka01.jpg

歯根の先に炎症がおよび、歯を抜かなくてはならない!
そんな時、外科的歯内療法によって、ご自分の歯が残るかもしれません。

根の治療で治癒が認められない症例があります。
症状として、痛み、違和感あるいは歯肉の腫れなどです。原因として不十分な根の治療が施されていたり、根にヒビ、破折などがある場合が考えられます。
そのような場合、外科的歯内療法は歯を残す最後の治療方法ともいえます。これに代わる治療方法は抜歯だけです。
術式は、歯肉を切開し、炎症や感染の起こっている骨や膿の塊を取り除き、根の先を切除します。根尖切断面に露出した根管を完全に密閉します。最後に、歯肉を縫合して終了です。


■不十分な根の治療が原因で歯肉腫脹を生じた例

●治療前のレントゲン写真
gekatekichiryo01.jpg

前医にて、根の治療が施されていますが、充填剤が根の先端まで入っていないため、歯の外側、すなわち骨にまで感染がおよび、炎症で骨が溶けていました。
レントゲン上で黒く根の先に写っているのが病巣です。[A]
金属の土台も根の中深く入っているため除去が困難です。
(根の破折を招く可能性があります)
そのため顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて、外科的歯内療法を行うことになりました。
また、左上の一番奥の歯の根の先にも、大きな病巣を発見しました。[B]

●治療直後のレントゲン写真
gekatekichiryo02.jpg

根の先を切断し、病巣を除去した後に、新たに充填剤が入り、完全に密閉されています。[A]
また、左上の一番奥の歯にも、根の先に大きな病巣がありましたが、一度抜歯し、病巣を取り除いた後に、再び歯を元に戻しています。[B]
右上、左下の歯が喪失した部位にインプラントを埋入し、咬み合わせも格段に安定しました。[C]


●治療後経過のレントゲン写真
gekatekichiryo03.jpg
左から治療前・治療後・治療後11カ月

治療後11カ月経過しています。
黒く写っていた病巣除去後、根の先に新たな骨ができている(白くなっている)ことがわかります。[A]
その後、歯肉の腫れなどの再発は見られず、治癒経過は良好です。


◎予後のよい高品質の根管治療は、自費診療(保険給付外)になります。





© Minatomachi Dental Clinic All Rights Reserved.