乳歯の内側から永久歯が生えてきたのが心配です

子どもの歯の生え変わりは、6歳前後から始まります。
乳歯の歯並びの一番奥から新たに生えてくる歯が6歳臼歯で、それより前方(もともとの乳歯の並び)の歯については、乳歯が抜けた所へ、永久歯が生え変わります。
歯の交換時期には、まだ乳歯が抜けていないのに永久歯が横から頭を出す、ということがよくあります。特に下の前歯では内側(舌の側)から永久歯が出てきた!と保護者の方が心配されて来院されることが多いようです。
この場合、乳歯がぐらついているようであれば、心配いりません。永久歯が内側から生えてきて、舌の圧力によって乳歯が前方に押し出されて脱落し、その隙間に永久歯が並ぶようにまた押し出される。これは下の前歯の自然な生え変わり方ですので、抜けるのを待って良いでしょう。自分で揺らして、抜けてくるのを手助けしてください。
要注意なのは、まだ乳歯がぐらついていないケースです。
永久歯の位置が骨の中で大きくずれている場合では乳歯の根がうまく吸収されません。乳歯が邪魔になって、歯並びに影響を及ぼす可能性があれば、乳歯を抜くことになります。
また、乳歯が抜けても、顎の大きさが小さいために永久歯が並ぶスペースが足りないこともあります。歯の位置に関してはレントゲンでの確認が必要になりますので、永久歯が横から生えてきたり、生え方が気になる場合は、歯科医師に相談してみましょう。

港町歯科クリニック 秋田インプラントセンター

プロフィール

佐藤 勧哉

佐藤 勧哉(さとう かんや)

北海道大学で修復補綴の研修を修了し、秋田に来たもの静かで優秀なデンティスト。

岩波 洋一

岩波 洋一(いわなみ よういち)

秋田大学の口腔外科で研修を積み、現在は歯科治療全般において、ハイパフォーマンスを発揮し続けるデンティスト。

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ