子どもの歯ぎしり、大丈夫ですか?

子どもの歯ぎしりは心配することはありません。
生理的な行動の場合がほとんどだからです。
歯が生えてくるに従い、咬む動作が始まります。
どこで噛めば良いのか、安定する位置を無意識で探すその過程で、赤ちゃんでも歯ぎしりはします。いわゆる「歯がため」の時期でもありますね。
また、乳歯が揃ってからも、歯ぎしりは起こります。顎の成長に伴う歯並びの変化や、大人の歯への生え変わりによる咬み合わせの変化に対して、バランスをとるために歯ぎしりをしていると考えられています。つまり、発育過程における正常なものと言えます。
顎の筋肉も鍛えられるので、成長に即した問題のない反応だと考えてよいでしょう。
多くの場合、永久歯への生え変わりと共に歯ぎしりもなくなりますが、癖になることも時々あります。
また、子どもであっても、環境の変化や心配ごとなどのストレスが引き金となって歯ぎしりが起こることがあります。
状態によっては、マウスピースで対応しますが、多くは一過性ですので、まずは様子を見てよいでしょう。

港町歯科クリニック 秋田インプラントセンター

プロフィール

佐藤 勧哉

佐藤 勧哉(さとう かんや)

北海道大学で修復補綴の研修を修了し、秋田に来たもの静かで優秀なデンティスト。

岩波 洋一

岩波 洋一(いわなみ よういち)

秋田大学の口腔外科で研修を積み、現在は歯科治療全般において、ハイパフォーマンスを発揮し続けるデンティスト。

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ