顎関節症は放置していても大丈夫?

顎関節症は、顎(あご)の関節自体の障害や噛み合わせなどが密接に関係しているだけでなく、周辺筋肉の障害、あるいは患者さんの生活習慣や精神状態など、いくつかの原因が複雑にからみあって起こることもあります。
筋肉や関節の病気は、時間の経過とともに症状が治まることが期待できます。
研究データによると顎関節症の治療をしなかったケースでも三分の一以上は徐々に症状が改善し、自然治癒したそうです。
進行性の病気ではないので、どこかで関節のバランスが取れれば、症状がなくなることもあるようです。しかし、生活習慣(噛みしめ、歯ぎしり、食事の仕方、姿勢など)や心(ストレス)の問題があるケースでは、原因を改善しなければ治りにくいと言えます。

港町歯科クリニック 秋田インプラントセンター

プロフィール

佐藤 勧哉

佐藤 勧哉(さとう かんや)

北海道大学で修復補綴の研修を修了し、秋田に来たもの静かで優秀なデンティスト。

岩波 洋一

岩波 洋一(いわなみ よういち)

秋田大学の口腔外科で研修を積み、現在は歯科治療全般において、ハイパフォーマンスを発揮し続けるデンティスト。

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ