取れた詰め物を飲み込んでしまったが大丈夫か?

胃に入ったものは、大半が問題なく排泄されますので、2〜3日後には便と一緒に出てきます。
歯の治療で使う材料は唾液や胃酸でもほぼ溶けることはなく、詰め物の成分自体も身体に悪いものではありません。
身体に害を及ぼす心配はないでしょう。
気をつけなければいけないのは、胃ではなく誤って身体気管に入ってしまった場合(誤嚥)です。
取れた詰め物を飲み込んだと気付いた際に、咳き込んだ場合は誤嚥が疑われます。
高齢者の場合は、誤嚥をしても咳き込む反射が鈍く、わかりにくいので注意が必要です。喉の違和感がしばらく続くようであれば、医師の診察を受けた方が良いでしょう。
また、詰め物が取れた場合は、放置すると抜歯になってしまうこともあります。
痛みがなくとも、早めに歯科を受診しましょう。

酸性の食べ物や炭酸飲料は歯に良くないの?

どのような食べ物・飲み物でも、食事をするとわずかながら歯の表面のミネラル成分が溶けて脱灰しますが、しばらくすると唾液中のミネラルが歯に戻り、再石灰化が起こります。
果物の中で酸味が強い物、例えば、レモンやグレープフルーツなどはビタミンを豊富に含んでいるので、健康維持にはかかせません。
酸性の食べ物も、常識的な量であれば神経質にならなくてもいいでしょう。摂取を控えて、栄養バランスを崩すようではいけません。1日1.5 リットル出るといわれる、ご自身の唾液を信じて楽しい食生活を営んで欲しいものです。
ガス入りのミネラルウォーターなどの炭酸飲料も、それ自体は特に歯を溶かしやすい物ではありません。注意すべきは、糖分が含まれている物です。
歯を守るためには、コーラなどの加糖された物は、できるだけ避けた方がいいでしょう。

ホワイトニングをすると知覚過敏になりますか?

知覚過敏とは、冷たい飲み物や歯ブラシの毛先があたった時などに歯に感じる、一過性の痛みで、その歯に虫歯や歯の神経の炎症がない場合の症状のことを言います。
ホワイトニング(歯の漂白)によって、軽度の知覚過敏が起きることがあり、程度の差はあれ、3人に1人がホワイトニング中に知覚過敏を感じたという報告もあります。
詳細なメカニズムは、はっきりしていないのですが、歯の神経に影響を与えるものではなく、症状はたいてい数時間でおさまります。
家庭で行うホームホワイトニング中に知覚過敏を感じた場合は、まずは中断し歯科医院を受診してください。
古い詰め物に隙間ができていて、しみる場合もあり、状態に応じて詰め直しや知覚過敏用の薬剤を塗布します。
ホワイトニングはその後も1〜2日おきの使用や、時間を短くすることで自分のペースで継続することができます。知覚過敏用の歯磨き剤も効果的です。
ホワイトニング薬剤によって、歯の表面構造に微細な変化は起こりますが、歯の内部へダメージを与えることはありませんので、ご安心ください。
ホワイトニング治療が終われば、自然と知覚過敏もなくなります。

顎関節症は放置していても大丈夫?

顎関節症は、顎(あご)の関節自体の障害や噛み合わせなどが密接に関係しているだけでなく、周辺筋肉の障害、あるいは患者さんの生活習慣や精神状態など、いくつかの原因が複雑にからみあって起こることもあります。
筋肉や関節の病気は、時間の経過とともに症状が治まることが期待できます。
研究データによると顎関節症の治療をしなかったケースでも三分の一以上は徐々に症状が改善し、自然治癒したそうです。
進行性の病気ではないので、どこかで関節のバランスが取れれば、症状がなくなることもあるようです。しかし、生活習慣(噛みしめ、歯ぎしり、食事の仕方、姿勢など)や心(ストレス)の問題があるケースでは、原因を改善しなければ治りにくいと言えます。

口内炎

唇やほっぺたを咬んでしまって、その後で口内炎ができたという経験は誰しもあるでしょう。
「白っぽいくぼみと、その周囲が赤くなり、触ると痛みがあるような状態」は、歯科ではアフタと呼んでいます。
アフタ性口内炎は、刺激(頬を咬む、ハブラシで歯ぐきを傷つける)や、ビタミンB群の欠乏、過度のストレスや睡眠不足などにより起こるとされていますが、原因がはっきりしないこともよくあります。不定期に再発を繰り返すことが特徴です。
通常は1週間から10 日前後で治癒します。明らかな原因がなければ、そのまま様子をみるか、痛みが強くて食事や会話が困難なときはお薬を使用します。主に用いるのはステロイドを含む軟膏です。貼り薬の効果も高めですが、動きのある部位でははがれやすいのが欠点です。
大切なのは、口腔内を清潔にし、バランスの良い食事と十分な休養・睡眠を取り、体の免疫力を高めてあげること。それが早期治癒への近道です。
口内炎とは、口の中の粘膜に起こる炎症性の病変の総称ですので、その他にも、ウィルス性口内炎や、頻度は少ないですが全身の病気と関わりのある口内炎などの場合もあります。
痛みが強い場合や頻繁に口内炎ができる方は、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯を長く持たせることはできる?

「できるだけ長く持つ、丈夫な入れ歯を作ってほしい」。患者さんの中には、そのように強く望む方も多くいらっしゃると思います。
入れ歯には毎日、噛む力や熱、酸やアルカリなどの刺激が加わります。そのため、長い年数持たせるのは難しいと言わざるを得ません。
結局、モノには寿命があるということです。
できるだけ長く持たせるためには、劣化を少しでも遅らせるために、きちんと汚れをとり、落下しないよう大切に扱うなど、使用者としての心がけも大事です。
また、年数とともに歯ぐきが痩せて口の中の形が変わります。合わない入れ歯を使い続けると、無理な力が入れ歯にかかり、壊れやすくなります。
定期的に歯科医院を訪れ、入れ歯の具合を診てもらうことも大切です。

ウイルス性口内炎について

今回はウイルス性の口内炎のお話です。
アフタ性以外にも、ウイルスや細菌への感染が原因のものがあります。
ウイルス性口内炎は、多くの場合が単純ヘルペスウイルスにより起こる口内炎で、ヘルペス性口内炎とも呼ばれます。
単純ヘルペスウイルスへの感染により発症します。初感染の多くは小児期ですが、ヘルペスウイルスは大人になっても体内に残っているので、体力や免疫力が落ちた時に、ウイルスが再燃(再活性化)して発症することがあります。
風邪を引いたような症状に続き、口の中にピリピリとした痛みを感じるようになり、小さな水疱ができます。水疱は、すぐにつぶれ、びらんができ、強い痛みやリンパ節の腫れなどが現れます。食事ができなくなるほど悪化する場合もあります。 特別な治療をしなくても1〜2週間で症状は治まりますが、抗ウイルス薬(飲み薬、塗り薬)を用いることで治癒が早まります。必要に応じ、痛み止めを併用します。唾液などを介して感染しますので、発症した場合は食器やタオルなどの共用に注意しましょう。
また、皆さんに気を付けてもらいたいのが、ウイルス性口内炎に対してケナログなどのアフタ性口内炎用のステロイド薬を使ってしまうと悪化させてしまうことです。水疱ができ、すぐにつぶれるようであれば、以前にもらったからといって、手持ちの薬は使わずに、早めに歯科医院を受診してください。

歯周病はどういう人がなりやすいですか?

30代以上の人が歯を失う原因の第1位は、歯周病です。
そのなりやすさには2パターンあり、1つは口の中そのものに問題がある人です。
歯磨きを疎かにしがちで、汚れ(歯垢)がたまりやすい人、唾液が出にくい柔らかい甘いものを好む食生活をする人、歯ぎしりをして歯を動かす力が常に働いている人、歯並びの悪い人、などもリスクが高いと言えます。
もう1つは、全身に問題がある人です。つまり歯周病菌という感染源に対する抵抗力が弱い人と言え
ます。
例えば、糖尿病の人、肥満傾向の人、またストレスが多く、生活習慣がが不規則な人、そして最大の危険因子である喫煙をする人、などは抵抗力が弱く歯周病になりやすいと言えるでしょう。

かぶせ物が虫歯にならないか心配

かぶせ物は人工物ですから、物自体は虫歯にはなりません。しかし、残っている歯質あるいは根の部分はご自身の歯ですから、当然そこは虫歯になります。
土台やかぶせ物は歯科専用のセメントでしっかり歯につけます。ところが、年月とともに、咬む力などによりわずかに隙間があいてくる場合があります。そこにプラーク(歯垢)が入り込んでしまうと、歯ブラシでは対応が難しくなり、虫歯になるのです。
神経を取り除いている歯の場合、大きく虫歯が進行しても、痛みが生じないため、特に注意が必要です。気づいたときには、もう手遅れ・・・ということもあります。さらに、治療したのを忘れた頃になると、口腔ケアが疎かになり、虫歯になりやすいと言われています。
結局、治療した歯ほど虫歯になりやすく、治療していないキレイな歯には敵わないということです。ですから、治療している部位(例えば、歯とかぶせ物の境目や歯間部)を意識しながら、ご家庭で歯ブラシ、フロスなどの口腔ケアをしっかりと行い、歯科医院でのプロによるクリーニングを定期的に受けることが何よりの予防策といえるでしょう。

仕上げ磨きは何歳までしたほうがいいですか?

小学校に入る前の4、5歳になると、子どもも自分である程度、歯磨きができるようになります。
6歳臼歯(第一大臼歯)は、その名の通り、6歳前後に一番初めに生えてきやすい永久歯です。
奥歯のため、子どもにとって歯ブラシが届きにくく、歯の溝の部分が乳歯と比べて深いため、プラークがたまりやすい、つまり虫歯になりやすい代表的な歯です。
この6歳臼歯が生え始めて2、3年は、歯の質が弱いため、もっとも虫歯になりやすい時期です。
仕上げ磨きは、特に何歳までするべきだという明確な決まりはありませんが、あえていうなら、この6歳臼歯がしっかり生えきる小学校低学年のうちは、仕上げ磨きをしっかり行ったほうがよいです。小学校中学年〜高学年になったら本人の自立を促しながら、最後に親がチェックし、必要に応じて仕上げ磨きするのが理想的です。さらに、定期的に歯科医院でチェックを行い、歯磨きの指導を受けて、フッ素塗布などの予防処置を行うとさらに効果的です。

港町歯科クリニック 秋田県インプラントセンター

プロフィール

佐藤 勧哉

佐藤 勧哉(さとう かんや)

北海道大学で修復補綴の研修を修了し、秋田に来たもの静かで優秀なデンティスト。

岩波 洋一

岩波 洋一(いわなみ よういち)

秋田大学の口腔外科で研修を積み、現在は歯科治療全般において、ハイパフォーマンスを発揮し続けるデンティスト。

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ