さくらんぼ狩り 

先日十文字にさくらんぼ狩りに行ってきました。
まず十文字の道の駅に行き、その日やっている農園何箇所かから自分の好きな所を選んで電話をかけてから、農園へ向かいました。
通常時間制限があるのですが、私たちが行った農園は時間無制限で食べ放題でした。
たくさんなっているさくらんぼから、なるべく赤くて大きいものを選んでくださいと農園の人から言われ、美味しそうなものを採って食べてみると、甘くてとてもジューシーで美味しかったです!
スーパーで買ったものも美味しいですが、やはりもぎたては格別でした。
ビニールハウスの中でたくさん木があるのですが、上の方のさくらんぼを採りたいときはジャンプしたり、脚立も使いました。(笑)
苦労して採ったさくらんぼもとても美味しかったです。(笑)
合計1時間くらい食べ続けて、気づけば周りのお客さんは帰ってしまっていました。(笑)
1人で多分2パック分くらいは食べたのではないでしょうか。
とても大満足でした!
帰りに農園の人にまた来年もお越しくださいと言われ、また行きたいなあと思いましたヽ(´▽`)/ (は)

           hannda-7_11.jpg


           hannda-2--7_11.jpg

今年は大豊作!      

我が家の畑で栽培しているいちごが、今年は大豊作でした。
涼しい日が続いた天候が良かったのか、2日に一度収穫することがでしました。自宅でとれるからこそできるのですが 、イチゴソースとイチゴジャムの作り置きをします。
我が家では、市販のジャムのなどを買うことがないので、小さい頃から 5-6月にはイチゴジャム、6-7月には梅シロップ 杏ジャムを食べる事をとても楽しみにしている息子。部屋中に漂うイチゴの香りに、テンションは上がるいっぽうです。イチゴミルクにヨーグルト、バニラアイスにかけようか、かき氷にかけようか小学6年生男子には1つに決めるのは難しそうです(笑)
私が、子供の時に食べ物で季節を感じたように息子にも教えていきたいと思います。(m)

           monma7_11.jpg

読書

7月に入りましたが、最近は雨が多くどんよりした天気が多いですね。自分は車を持っていないので、このような時期は休日でも家に籠りがちになってしまいます…
そこで先日、家にあった「君の膵臓を食べたい」という本を読み返しました!タイトルだけ見ると、突拍子もなく取っつき難い印象がありますが、読み終えた時にこのタイトルの意味がわかると印象は大きく変わると思います!読むのは2度目でしたが、切なくも前向きな内容にまた感動しました…!
近々映画をやるようなので公開されたら天気の良い日に観に行きたいです!笑
(き)

男鹿の素敵スポット

先日、男鹿のアジサイ寺と呼ばれている北浦の雲昌寺に行ってきました。
情報誌で見てから気になってはいたのですがようやく足を運ぶことができました!
一歩敷地内に入ると、見渡す限りの青、青、青...
ここのアジサイは副住職さんが15年の歳月を費やし1株1株手植えで育てたとのこと。
青色にこだわっているそうで、一面絨毯のようにアジサイが咲き誇っていました。
ただただその素晴らしさに感動しながら、敷地内を回りこの風景をどう携帯のカメラに
収めようかと夢中になり...
ふと気づくと1時間は経過しています。喉が渇いたなぁ、なんて思っていると「アイスコーヒーとお抹茶あります」なんて張り紙が。アジサイに囲まれながらのアイスコーヒーは格別でした。最後に写真は撮らずにじっくり境内を1周して帰路につきました。
また来年行きたいと思うスポットが増えて、大満足の休日でした。(か)

           kayaba.jpg


           kayaba76.jpg

保冷バッグ

 7月に入り、いよいよ夏本番といった感じになってきました。私の長男は、中学2年生で野球部に所属しています。先日、新人チームへと切り替わり、いよいよ練習試合も始まりました。暑い夏、試合の応援に行く際に、我が家では必ずColeman(コールマン)の保冷バッグを持って行きます。クーラーボックスに比べ、保冷力は劣りますが、素材が軽いので、持ち運びやすく重宝しています。中身は、一番下に保冷剤の代わりに、凍らせたペットボトルを入れ、その上に補食(エネルギー補給のゼリーなど)、お弁当、果物を入れています。お弁当を食べる頃には、保冷剤代わりのペットボトルの中身も程よくとけていて、おいしく飲むことができます。これから、どんどん暑くなってきますので、ますます活躍してくれそうです。(O)

       oota_0115.jpg

「私の子育て日記」

先日、我が家の息子が通う中学校から、「足を怪我したので迎えに来て」と連絡が。慌てて保健室へ迎えに行くと、右足に湿布を貼り先生方に囲まれた彼がいました。「また、やっちゃった」と笑う彼、心配はしているものの「ほんと、何回目だよー!そんなに痛いの?」と言う母を見て、先生方はどう思った事でしょう…。でも、ほんとに何回目だろう。そのまま整形外科へ向かい、レントゲンを撮ると幸い骨に異常はなかったのですが、足を床に着くと痛みが走るという状態で、松葉杖を使うことになりました。えー!また?小学校高学年から数えると、松葉杖生活4.5回目(もはやしっかり覚えていない)となります。人生の中で、松葉杖ってそんなに使うものなのですか?はぁ…。そしてその夜、ちょっと外へ出た際に、短い距離だから大丈夫!と、その松葉杖を使わず、調子に乗り彼を背負うような体勢で移動したところ、その数時間後から私の腰に痛みが。腰を曲げたり、座ったり立ったりする度に、「痛たたっ」「うおっ」と声が出てしまいます。あぁ…2次被害。もうそんなに若くないんだった。でかい彼を、昔の感覚で背負ってしまった、と大反省。それから数日が経ち、内服薬と湿布で彼の足の痛みはほぼなくなり、松葉杖もいらなくなりました。しかし相変わらず、動く度に「痛たたっ」と声が出る私に、「え?まだ痛いの?」と冷たく言ってくる彼。立場逆転、次は私が病院でしょうか。まぁ、彼が回復して何よりですが、日々「もっと私をいたわって」アピールを、彼にし続けている今日この頃です。(N.I)

お茶会

先日、家でお茶会を開きました。
友達を招待して、楽しいひと時を過ごしました。
お茶会は、テーマを決めて季節ごとに開いています。今回のテーマは「初夏」で、海や新緑をイメージしてお菓子を集めてみました。抹茶クッキー、レモンのパイ、ラムネなどなど…
市販のお菓子でも、包装紙を取ってお皿に並べるとオシャレに見えますね。
普通に食べるより、おいしく感じました!
友達もとても喜んでくれたので、私は大満足です♪
皆さんも是非、お茶会を企画してみてはいかがでしょうか。きっと素敵な時間を過ごせますよ。(い)


           itou6_19.jpg

お花を求めて

先日、紹介した花壇にお花を増やそうと苗を求めて、お出かけしました。たくさんのお花がある中から、気に入ったお花を何種類か選択しました。そのお花にもたくさんの色があり悩みましたが、好きなピンクや黄色などを選択、花壇に植えるのが楽しみです。ほかにも、ハーブや多肉植物、イチゴなど多数購入してお家ではプランターも大活躍!
これから、本格的に暑くなりお花達にはダメージ大きいですが、元気に育って貰えると嬉しいです。(キ)


           kiyomi6.30no2.jpg
           kiyomi6.30no1.jpg

自家製 梅酒   

毎年、世間で桜の開花宣言を聞くより先に、梅の花が咲くことで春を感じる我が家。
今の時期も、梅の実が大量に生っているのを見ては、梅雨入りとともに夏の訪れを実感します。
そもそも、梅雨とは『梅の実が熟す時期に降る雨のこと』が語源なんだとか。
ただ、もう一説には『長雨により、よく黴(かび)が生える = 黴雨(ばいう) = 語感が悪いので、後に“梅雨”になった』というものもあるようですが、私としては梅の実説に1票。
“黴雨”は、なんだか嫌です。
そしてこの時期、我が家では父が梅酒を作ることが、毎年の恒例に。
普段、滅多にお酒を飲まない父ですが、自分が漬けた梅酒だけは、たまーに飲んでいます。
同じく、ほとんどお酒を飲まない私も、父に似たのか梅酒は好んで飲みますので、友人の家に遊びに行く時など、お裾分けしてもらっています。
今年も、もうそろそろ。
1年かけてじっくり漬けますので、昨年漬けた梅酒が飲み頃かな~と、ちょっとだけ楽しみな私なのでした。(サ)


           satou6.27.jpg

カレーとの闘いがそこにはある

私は自炊をあまりしないので外食する機会も多いのですが、普段は絶対に選ばないメニューがあります。それは、辛~い食べ物。ただし、嫌いなわけではなく、むしろカレーは好きな食べ物です。避ける理由は2つ。まず、汗を尋常じゃない程にかいてしまうからです。香辛料全般に過剰なまでの反応をしてしまうのが私の汗腺。相当の運動量でないと起こりえないほどの大量の汗が噴き出てきます。それも決まって首の上からだけ。額の汗が、まつ毛、鼻の頭、顎から、ぽたぽた滝のように流れ落ち、目は開けづらいし、テーブルの上に水たまりを作ってしまうし、店員の心配げな視線も気になるし、と、なかなか外では食べる気にはなれません。そして、もうひとつの問題が、食後の謎の疲労感です。発汗による消耗か、ミネラル分の喪失が原因か、食事でカロリーをとっているはずなのに、消費しているような、よくわからない疲れがやってきます(笑)。それも結構なぐったり具合で。年齢とともに代謝は低下しているのでしょうが、こと発汗に関しては変わらないようです。
このように、私がカレーを食べに行く際には万全の体調を整える必要があります。それでも、どうしても食べたくなるのもカレー。先日、気になっていたカレー屋に行ってきました。そこは本場のインドカレーで大満足。ただし、やっぱり汗は出るわけで、“すごい汗ですね”、とインド人の店員さんが流暢な日本語とともにティッシュを差し出してくれました。ありがたいな。本当においしいカレーでお店の雰囲気も良かったので、また食べに行こうと思います。次はタオル持参かな。(K.S)

| 一つ前の記事 |

過去のアーカイブ

港町歯科クリニック
秋田県インプラントセンター
RSS Feed